武蔵野音楽大学など、音楽のキャンパス情報について

音楽大学を目指す人のために、、武蔵野音楽大学など有名な音大について取り上げてみました。

武蔵野音楽大学管弦楽団演奏会(東京公演)

オーケストラによるクラシック音楽の演奏を聴くということは、非常に喜ばしいことでしょう。
素晴らしい音楽は人生を変えるともいい、例えば有名な世界的作曲家の曲を聴くことによって人生観まで変わるケースも珍しくありません。
特にオーケストラによる演奏会は頻繁にあるわけではありませんし、音楽初心者にとっては敷居が高いと感じるかもしれません。
ですが一度聴きに行ってみると分かるのですが、病みつきになるくらいの魅力を感じさせてくれますし、クラシック音楽ならではの迫力や音色の数々に驚かされること間違いないでしょう。

敷居が高く感じてしまうオーケストラの演奏を気軽に楽しめるのが、武蔵野音楽大学管弦楽団演奏会(東京公演)になります。
武蔵野音楽大学管弦楽団演奏会(東京公演)は2016年の9月16日に開催される演奏会です。
会場は東京屈指の東京芸術劇場 コンサートホールになりますが、やはり東京ということもありかなりの利便性を誇っています。

東京芸術劇場は東京都豊島区西池袋にあり、池袋駅からすぐの距離にあります。
地下通路で直結していることもあるので迷いにくいですから、東京住まい以外の場合でも安心です。

武蔵野音楽大学管弦楽団演奏会(東京公演)はロビーの開場が18時、開演が19時となっているため、仕事終わりであっても参加しやすいというメリットもあります。

価格設定は1500円となっており、全席指定です。
新潟と長野の武蔵野音楽大学管弦楽団演奏会は学生は1000円でしたが、東京については少し価格設定が異なります。

武蔵野音楽大学管弦楽団演奏会(東京公演)でピアノ独奏を担当するのは武蔵野音楽大学の音楽学部ヴィルトゥオーソ学科に通う生徒ですが、オーディション合格者ということもありかなりの実力者です。
大迫力のオーケストラによる演奏は必ず記憶に残るでしょうし、素敵な気分にさせてくれることでしょう。

ちなみに指揮を行うのは、既に多くの実績を残していて、今は武蔵野音楽大学で教授をしている北原幸男氏になります。
国内外で活躍するほどの腕を持っており、また経験も豊富なので、きっと最高のオーケストラ音楽を聴くことができるはずです。

武蔵野音楽大学管弦楽団演奏会(東京公演)は音楽クオリティが高いわりに入場料は破格の安さですから、驚くほどの勢いで売れているようです。
武蔵野音楽大学の進学を目指している生徒や保護者も是非とも演奏会を見てみるべきでしょう。